全身脱毛の基礎知識

美容関連の用語は、しばしばクリニックやサロンごとに違っていて、よくトラブルの元になるようです。

 

たとえば「全身」。こんな当たり前の言葉でも、自分がお客となってクリニックやサロンに通う場合には特別な注意が必要です。

 

というのは、もし「全身脱毛」と考えていたとしても、自分の思う「全身」とAクリニックの「全身」、Bサロンの「全身」がすべて異なる、ということがあり得るのです。

 

全身脱毛といっても、さすがに頭までツルツルにしたい人はいないでしょう。ほかの部位では含まれたり含まれなかったりします。

 

よく問題になるのは、Oライン、Iラインの扱いです。Oラインは肛門(こうもん)の周り、Iラインは性器の周りです。いずれも粘膜でできているので、トラブルなく脱毛するのが難しいのです。ですから、最初から全く施療の対象としていないサロンも多く存在します。

 

こういうところの「全身」は、当然のようにして、Oライン、Iラインは除外されています。向こうはこれが常識だと思って、説明さえしてくれない可能性もあります。もし希望の脱毛個所に含まれているのなら、自分の方で注意する必要があります。

 

また、全身脱毛ともなると、一回あたりの施療時間が長くなったり、通う回数も多く、期間も長くなります。当然料金もその分払うことになります。

 

施療方法が自分に合っていなくて、効果がない。お肌のトラブルが出て続けられない。予約がとれない。通うのに不便。スタッフと合わない……といったことになると、耐える苦労やどぶに捨てる金額も大きくなります。

 

全身脱毛でサロンやクリニックを選ぶには、部位ごとの脱毛とはレベルの違う用心深さが必要でしょう。