医療レーザー脱毛について

脱毛をする場所といえば、まずは脱毛エステ。次は総合的に美容を扱っているエステサロンの中の脱毛コースを思い浮かべるでしょうか?

 

忘れてはいけないのが、医療機関。つまりクリニックや美容外科です。

 

でも、エステなどに比べて存在感が薄いですよね。これは医療機関ということで広告・宣伝に規制がかかっているためです。

 

ということで、脱毛をお考えなら、クリニックなども選択肢に入れましょう。

 

エステとの違いはいくつかあります。

 

まず、使用する機器です。どちらも主流となっているのは、毛穴の奥に潜んでいるメラニン色素をターゲットに、光を照射するものです。メラニン色素が受け止めた光のエネルギーは熱となり、毛母細胞などを破壊します。

 

エステでは使用する光は可視光、クリニックでは医療用レーザー光です。

 

可視光の場合、効果は強力ではありません。が、その分、ダメージも少なくなります。ゆっくりじっくり効かせていく、という感じでしょうか。

 

医療用レーザー光の場合、効果が高い分、やけどなどダメージの可能性は高くなります。ですから、医療機関でしか使用が許可されておらず、医師の管理・指導が必要になります。

 

ただ、近年は医療用レーザー光の機器の改良も進み、照射と同時に強力に皮膚を冷却したり、光線の種類も工夫が凝らされ、痛みやダメージも顕著に軽減されているようです。

 

また、万一のトラブルの場合も、もともとが医療機関ですから、医師による、医療用の医薬品を使っての治療にすぐに移れます。

 

費用は医療用レーザー光をつかう場合の方が高くなります。美容目的なので、保険は利きません。