妊娠中でも脱毛はできるの?

先に結論をいうと、引き受けてくれる脱毛エステやクリニックはほとんどないでしょう。

 

脱毛の施術が直接的に、胎児に悪影響がある、ということではありません。ですから、「先の施術を受けたときには、すでに妊娠していたらしい」という場合でも、心配することはないでしょう。

 

断られる理由のひとつは、妊娠期間中はホルモンの分泌が通常とは異なっており、毛周期が読み切れないことです。

 

特に光脱毛やレーザー脱毛は、毛周期に合わせて、施術する日を設定していく必要があります。妊娠期間中は、無駄な施術をしてしまう可能性が高いのです。

 

また、同じ理由から、お肌が敏感になっている可能性もあります。通常なら耐えられるような刺激に、強い痛みを感じたり、炎症などのトラブルになる可能性もあります。

 

となると、大きなストレスや刺激になる可能性はあるでしょう。直接の影響でなくても、これらのせいで、陣痛を呼び起こしてしまうかも知れません。

 

もし、契約も済み、施術の期間に入って、妊娠に気がついたら、エステやクリニックに期間延長や休止期間の相談をしてみましょう。良心的なところなら、応じてもらえるはずです。もし、そうでないなら、相手を選ぶことに失敗していた、ということになるでしょう。

 

妊娠中は自分のためにも、生まれてくる赤ちゃんのためにも、むだ毛には神経質にならない方がいいようです。

 

それでも、むだ毛が気になる方には、電気シェーバーでの処理をおすすめします。カミソリや毛抜きでは、刺激が強くて、いつもより敏感な肌にはトラブルの元です。